★オススメ 勉強法★ 第一弾 物理 (計算編)


横浜教室ブログをご覧の皆様

こんにちは。物理担当の石坂です。

今日から、各科目のオススメ勉強法をみなさまにご紹介しようと思います!!

今回は第一弾 物理です★

薬剤師国家試験(以下、国試)の合格には、「計算問題を解く能力」が必要です。

例年国試において、物理・薬剤・衛生・治療・実務から約20題の計算問題が出題されています。

特に、物理では計算問題の占める割合が高いです。

「計算が苦手」と感じる方は、以下3つの課題点があげられます。

①公式が定着していない

②問題ごとに公式を使い分けられない(演習量不足)

③設問文から公式内への数値代入ができないという

したがって、自身が①~③のどの部分でつまずいているかを認識し、

①~③ごとに適した解決法を実践することで、計算問題を克服できます。

具体的には、問題を解くときに、

以下のように回答すると、①~③の全てを補うことができます。

計算問題は、地道に努力していくことが成績アップにつながります。

時間はかかりますが、この夏に弱点補強して、国試対策をしていきましょう。