求める人材

チャレンジする心を大切にしています。

多くの人の喜ぶ顔が見たい

輩出した薬剤師の先にいる患者さんの喜ぶ顔が見たい

私ども学校法人医学アカデミー 薬学ゼミナールは、40年にわたって患者さんに寄り添う薬剤師、地域に根ざした心の豊かなやさしい薬剤師、医療人としての意識が高い薬剤師を輩出するため教育事業を行っております。

昨今の薬剤師国家試験では、患者対応や処方解析、症候診断、最新の治療ガイドラインなど、現場での知識並びにそれを基に考える応用力も求められてきています。

このような中でも、私たちは一人でも多くの方を薬剤師国家試験合格に導きたいと考えています。この使命に挑み続けるために、
「医療現場で活躍する薬剤師を多く輩出したい」 「学生さんの夢を叶えたい」
そのような熱い思いを持った方、やさしい心と謙虚さを持って学生さんに接してくれる方、大きな夢をもって何事も前向きにとらえて仕事に取り組んでくれる方を求めています。

チャレンジする心を持ち続けたい

医薬品メーカーでの経験

img-candidate_02私自身、大学卒業時に受験した薬剤師国家試験に落ちてしまい、そのままメーカーに入社しました。

医薬学術部という部署に配属となり、製品の特性・使用上の注意を医療関係者の方々や提携先のMRに伝える仕事をしていました。メーカーでの仕事は、医療関係者の方々への情報提供を通して、医薬品の信頼を得ることが出来ましたし、社会人生活は充実していました。

可能性への再挑戦

しかし、勤務した4年半の間、心のどこかで薬剤師の資格を取ることに諦めきれない自分がいました。充実した仕事を手放すことには迷いもありましたが、薬剤師の可能性を信じ、薬剤師国家試験にチャレンジするため会社を辞め、薬ゼミの川越教室に通いました。
とても勉強しやすい環境が用意されていたため、4年半のブランクがあっても安心して薬剤師国家試験を受験することができ、合格することができました。

「伝える」仕事

前職のように、医療関係者の方々に情報を伝え、喜んでもらえるような仕事をしたいと考えていた時に、「薬ゼミの講師をやってみないか」と当時の川越教室長に声をかけていただきました。情報を伝える対象者が、「医療人のため」から、「これから医療人となる人のため」に変わるだけだと思い、「薬ゼミの講師」になることを決心しました。

プロフィール

薬学ゼミナール 教務部長 高田  直樹高田 直樹 たかだ なおき
薬学ゼミナール 教務部長

経歴
1995年 東京薬科大学薬学部 卒業
2000年 入職
2003年 渋谷教室教室長、その後、大阪教室長、川越教室長を歴任
2009年 現職(2014年度から仙台教室長の兼任を経て2016年度より渋谷教室室長も兼任)

休日の過ごし方・趣味
休日は、長女・次男の通う小学校のPTA会長や市のPTA連合会長として、地域の子供達と触れ合うことでリフレッシュしています。群馬県出身ですが、熱狂的な広島カープのファン(35年一筋)です。